大物旋盤.COMの加工による材料温度上昇と寸法精度保持
大物旋盤.COMのトップページ
大物旋盤.COM のフリーダイヤル0120-988-050
フォームメールでお問い合わせ
e-mailでお問い合わせ
 
 
大物旋盤.COMのトップページ プライバシーポリシー 大物旋盤.COM のサイトマップ English英語のページへリンク 中国語のページへリンク
 
 
HOMEマル秘加工ノウハウ集 > 加工による材料温度上昇と寸法精度保持
 
私たちの特長(大物加工に適した加工設備、大物旋盤加工「最大径φ1000mm 最長2500mm」、異形状・大物ワークに対応する独自の冶工具)
お客様への3つのお約束
大物部品の加工事例・ノウハウ満載の加工事例集無料プレゼント実施中!
マシニング加工も大歓迎 旋盤加工には殆どマシニング加工などの後加工があります。マシニング加工もお任せください。
MCはオークマ製、OKK製、森精機 NC旋盤はオークマ製、mazak製、汎用旋盤も充実しています。
スロッター加工の妙技
大物加工に必要な加工ノウハウの一部 長尺旋盤加工のノウハウなどを公開いたします。
ご相談から納品までの流れ
技術資料寸法公差及びはめあい・常用する穴基準はめあい・基準穴・軸の公差などの資料。また、硬さの換算表・主な表面処理の原理と特徴・中国語金属加工用語集(予定)など
大物旋盤.COMを運営する宝角合金製作所のホームページへどうぞ!
Q&Aコーナー
お客様の声
厳選リンク集
工場見学随時受付中 兵庫県姫路市に工場があります。まずは動画からご覧下さい。
宝角合金週間FAX通信 毎週頑張って発行しています!
加工職人かっちゃんのブログ
部品加工のコストダウン技法上映中
オリジナル冊子を無料進呈ダブルでプレゼント
 
  マル秘加工ノウハウ集

加工による材料温度上昇と寸法精度保持 4

加工による材料温度上昇と寸法精度保持
▲充分に冷めないままに仕上げ加工を行うと ▲熱膨張により寸法精度が出にくくなってしまう。
  大型のワークは加工時の温度管理にも注意が必要です。切削加工時にはどんなワークでも、材料と刃物の摩擦により、加工温度が上昇します。
大型ワークの場合は、加工時間が長く一旦上がった材料温度が、なかなか下がりにくいという特性を持っています。
温度が上がり、十分に冷めないままに粗加工から仕上げ加工を行うと、金属の熱膨張により寸法精度が出にくくなるという問題が生じてしまいます。

加工による材料温度上昇と寸法精度保持
▲加工による温度上昇と材料の熱膨張を解消するために、数時間から場合によっては半日以上冷却の時間を設けます。
  大型ワークの加工時には、加工による温度上昇と材料の熱膨張を解消してやるために、十分な冷却時間を設けてやることが必要です。
切削加工工程が終わると、数時間から場合によっては半日以上冷却の時間を設け、十分に材料内部の熱を放出させてやることが必要です。
こうすることで、熱により膨張した材料が元に戻り、その状態で加工することによって、寸法精度の安定した加工が可能となります。


 

試作部品・特急対応のご相談「試作品で数がまとまらまい」「大物旋盤加工はどこもうけてくれない」そんなお困りごと、是非ご相談下さい

 

このページの先頭に戻る
私たちの特長 お客様への3つのお約束 大物部品加工の事例 マシニング加工も大歓迎
スロッター加工の妙技 後工程もOK熱処理・研磨・メッキetc マル秘加工ノウハウ集 ご相談から納品までの流れ
技術資料 運営会社・宝角合金製作所とは Q&A何でも聞いてください お客様の声
厳選リンク集 工場見学随時受付中・まずは動画を 毎週発行!週刊FAX通信 加工職人かっちゃんブログ
部品加工のコストダウン技法・動画セミナー オリジナル冊子プレゼント    
大物旋盤.COMは株式会社宝角合金製作所が運営するサイトです。
宝角合金製作所のWebサイトはこちら

Copyright(c)2012 ,大物旋盤.COM,All Rights Reserved